施術現場から


幡歩 泰(『癒しの里氣功整体院』)

●正のスパイラルで施術が楽しくなります。

山口県の岩国市の過疎地で整体院をしております。もとは老人福祉の仕事をしていましたが、お年寄りの死に向かっての「負のスパイラル」の現実に嫌気がさして、お年寄りを元気にしてあげたい思いから、不況の最中ではありますが、整体院を始めました。田舎でもあり、確実に患者様に効果を実感していただく手技を行わなければ、ということで色々探しているうちに『動体療法』を知り、ご縁ができて初級、中級、上級とあっという間に、夢中で最後まで行ってしまいました。

効果は体験された方ならわかりますが、驚くべきものがあります。
何年間も上げると痛かった肩があっという間に上げても痛くなくなった方、多数。以前は温泉ホテルで整体担当で勤務しておりましたが、お客様が「魔法使いみたい」と後で食事中に、噂していたと聞いて、「本当はだれでもできるんだけど----」と妙に恥ずかしかったり。

自宅開業してまだ数ヶ月ですが、熱狂的?なおばあちゃんグループの方もよく訪れてきてくださいます。それにしてもおばあちゃんの話を聞くと、いかに病院のお医者様に希望のないことを言われているか、驚きます。「歳だからなおらないよ」とか、相手にされないとか----。

ある八十六歳の女性の方ですが、お尻からハムストリングにかけて強烈な痛みと痺れがあり、まっすぐ立って歩けず、二箇所の病院どちらからも脊柱管狭窄症で「手術をするしかありません。」と言われていた方が来られ、一回目でまっすぐ立って歩けるようになり、私が「すごい治癒力ですね!体も十分若いので必ず良くなりますので、一緒に頑張りましょう!!」というと涙があふれて泣かれるので、こちらももらい泣きしてしまいました。「毎週ここに来るのが楽しみです!」とうれしそうに話してくださいます。

こんなすごい結果がだせるのも、動体療法のおかげです。確実に結果が出せると信じているので、心配やストレスもあまり感じません。
もちろんなかには器質的変性のひどいものや、急性期の筋繊維断裂が疑われるぎっくり腰など、まだまだ研鑽、研究を積まなければ即改善といかないものもありますが、確実に来院されたときよりは良くできる自信は持っています。

動体療法は誰が行っても結果が出せるのが素晴らしいです。しかし、動体療法の本当の真価は上級コースの内容から始まるのではないかと思います。「トイレの神様」という歌がありますが、天には「治療の神様」がいてくださるのではないかと思います。

上級コースのテクニックで、触らずに痛みなどを治すことが出来ます。宗教っぽくなるのが嫌いなので患者様には触らずに治すことは行っておりませんが、身内の家族や知り合いで試して驚かせて楽しんでいます。「治療の神様?」が「ああやってみたら?」と教えてくれる感じです。そうしたら「あら?不思議!!」なことが時々起こります。いずれ時々ではなくて100パーセントにしたいと思っておりますが、教えて頂いた修行を怠けないようにしたいと思います(汗)。

-----------------------------------
鶴嵜元治(マッサージ師 福岡県春日市)

●椎間板ヘルニア(O.Eさん 62歳 女性)

半年前に左の膝が急に痛くなり、整形外科に行くと変形性膝関節症と言われて月に一度膝に注射を射ってたけどよくならず、歩くのも辛いとのことで友人に紹介されて電車で1時間半かけてやってきました。

患者さんから話を聞いていたんですが患者さん友人が連れて来た時、その友人に支えてもらえないと歩くのが辛いみたいでしたので、すぐに矯正台に寝てもらいDT検査をしてみると、膝からの原因ではないと筋反射で答えが出て治療ポイントを刺激して全身を軽く矯正して歩いてもらうと
「あ!ラクに歩ける~♪なんで~?」と言われました。
私は患者さんに「これは膝が原因じゃなくて腰が原因ですよ!」と話すと、
え? てな顔して 紹介者の方も連れてきて良かった♪
ありがとうございす。と喜んでいました。帰りには二人は笑顔になっていました。

一ヶ月後また来られた時、患者さんから、「実はあの時先生から言われたことが気になって整形外科でレントゲン撮ってもらったら、ヘルニアだと言われました」。
私もやっぱりな~ さすがキネシオロジーはすこい!!と実感させられました!
キネシオロジーも凄いがキネシオロジーから生まれた動体療法はもっとすごいテクニックですね♪
毎日の仕事で動体療法に感謝してます。ありがとう。

-----------------------------------
-脳梗塞の後遺症痛を一回の筋反射でとる-

私は某施設でリハビリの仕事を行っております。ある日一人の女性が私に話かけて来ました。「先生腰が痛くて立ち上がりや歩行が辛くて苦しいです」
腰が痛くなった理由を聞くと尻もちをついてから痛いとの事でした。普通の患者さ
んなら動体療法でちょちょいのちょいで痛みを除去出来るのですが、この患者さんは
脳梗塞の後遺症で右片麻痺で関節がガチガチで硬すぎるし年齢七十五歳でハードなアプローチは危険である。ここまで関節が硬いと動体療法テストが使えない、うつ伏せの姿勢も苦しくて出来そうもないのでブロックも使えない。悩んだ結果、圧痛点に鍼を使いその後に動体療法の仙骨テクニックを組合わせてみました。
後日腰の状態を聞くとその時は凄く楽になるが二~三日後にまた痛み出すとの事でした。私の予想通り手強い患者でした。数回同じ治療を繰り返しましたが二~三日後に痛みが出て来てしまうのです。そこで上級セミナーで勉強中の筋反射を使って患者さんとの対話を試みてみました。すると鍼治療を行った後に「動体療法の回旋テクニックを行いなさい」と反応が返って来たのでその通り治療を行ったら一回で痛みが無くなり数ヶ月たった今でも再発も無く元気に散歩程度の歩行を行っております。
手強い患者さんが来た時は、筋反射を用いて患者さんとの対話を心掛けています。
上級セミナー卒業までもう少しですが、更なるレベルアップを目標にトレーニングに
励んで行きたいと思います。大島会長・K仙人ご指導の方よろしくお願いします。

                                           (UFOさん)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011 copyright by Dotai-ryoho-Tokyo